【4時間で作る】
介護BCP -業務継続計画 -
策定ワークショップ

「BCPの策定が難しい」とお考えの介護事業者様へ

介護事業所での業務継続計画(BCP)が義務化となりました。
しかし特に小規模事業者ではハードルが高いのが実情です。

そこで、その場でBCPが策定できるワークショップを開催します。
従業員と利用者を守るためにも、この機会に格安でBCPを策定しませんか?

【義務化】時間がありません!すぐに始めましょう

介護事業所における業務継続計画=Business Continuity Plan(BCP)とは、自然災害や感染症などのトラブルが発生した時に介護事業の被害を最小限にとどめ、従業員と利用者の命を守ることを最優先に、業務の継続や早期復旧をを図るための計画のことです。

2021年の介護報酬改定にて、2024年3月までのBCP策定が義務化されました。

期限まで、時間がありません。

BCPは、ひな形通りに書き込むだけでは駄目で、各事業所に合わせた検討が必要です。またBCPだけでなく訓練も含めたBCM(マネジメント)も義務化されているため、運用期間も考えると、時間的余裕はありません。

そもそも、大地震や水害は待ってくれません。

従業員の命や雇用を守り、利用者の安全・安心を守る責任を果たす意味でも重要な仕事です。

BCP策定をしなかったら?

義務化ですので、すべての介護事業所の策定が必要です。今のところ罰則規定はありませんが、策定義務を果たさない場合、次のデメリットが予想されます

  • 介護報酬の削減・・・介護報酬プラス改定とともに発表されたBCP義務化ですので、報酬が削減される恐れは充分あります。
  • 業務停止処分・・・人の命を預かる業務ですので、業務停止命令を下されたとしても文句は言えません
  • 訴訟、損害賠償のリスク・・・自然災害や感染症等で被害が出てしまった場合、法的責任が問われます

このような問題を

4時間で解決します!

時間がない

通常業務に忙しく

勉強や策定に時間がとれない

スキル不足

知識が全くないので

手順も何が必要かも分からない

費用負担が苦しい

外部に頼むと数十万円

かかる場合が多く、支払いの余裕が無いので困っている

4時間で作る!
介護BCP策定ワークショップとは

介護BCPワークショップでは、厚生労働省が求める「BCP=業務継続計画」を、防災のプロであるBCPコンサルタントとともに、その場で策定します。

講義と実務を交えながら策定していきますので、「BCPを理解」しながら「BCP策定書」がたった4時間で完成します。

また費用も専門業者やコンサルタントに依頼する場合の10分の1程度で済みますので、非常に効率的です。

特にデイサービス(通所系)、訪問介護(訪問系)の事業者の方におすすめです。

また、メイン講師として(一社)日本防災共育協会の代表理事、村山京子氏をお迎えし、ご指導いただきますので安心です。

ただし、誰でも参加できるわけではありません!

ワークショップの参加条件とお願い

ワークショップには、誰でもご参加頂けるわけではありません。以下の条件が必要となりますので、必ずご確認ください。

現場の確認

現場を確認せずにBCPの策定は不可能です。
後日事業所を訪問し、内容とのすり合わせや指導を行います。

BCMが必須

BCPは策定して終わりではなく、その後の教育、訓練を通して内容の見直し(BCM)も義務化されており、必須です。

事前準備

ご参加いただく前に、ハザードマップや従業員名簿などのご準備をお願いしております。

代理人は不可

BCPは決定権を有する理事長、施設長またはそれに準ずる方がご参加ください。コンサルタントなど、同業者の参加はお断りします。

4時間ワークショップでの策定の流れ

お申込み or お問い合わせ

まずは以下のフォームよりお申込ください。
各事業所より1名、ご参加いただけます。

STEP
1

ご入金

お申込時、自動送信されるメールに従い、1週間以内にご入金をお願いします。

銀行振込、またはカード決済となります。

STEP
2

必要書類の準備

事前に以下のものをご準備の上でご来場ください。 ご用意いただけなかった場合は、策定が完了しませんのでご注意ください。

  • 従業員の連絡先リスト
  • 事業所周辺のハザードマップ(地震と水害)
STEP
3

ワークショップ参加

会場での参加となります。

【日時】2022年11月6日(日) 10時~15時(途中1時間休憩)
【場所】上尾市文化センター

介護BCPワークショップ
STEP
4

担当者が現場を確認、改定指導

後日、担当者が事業所に伺います(要予約)。
事業所での防災指導、および必要に応じて策定文書の改訂を行います。

STEP
5

BCM(事業継続マネジメント)

義務化されている訓練、教育を行います。弊社担当が定期的に伺い、サポートを行いますのでご安心ください。

STEP
6

【4時間で作る!】介護事業所BCP策定ワークショップ

ワークショップ概要

ご参加いただくことで、厚生労働省より義務付けられている「業務継続計画」の策定完了までサポートいたします。
その他、義務付けられております教育、訓練も格安料金にてサポートいたします。

開催日:2022年11月6日(日) 10:00~15:00 ※途中、1時間休憩あり
場所:上尾市文化センター 〒362-0017 埼玉県上尾市二ツ宮750番地
講師:村山京子氏(一般社団法人日本防災共育協会 代表理事)
主催:カムイウェブ高橋隆介(株式会社共育住居パートナー/日本防災共育協会認定BCPエデュケーター) 
参加料金: 22,000円
※参加料金以外に、同様に義務付けられているBCMの出張サポート料金(11,000円~22,000円/回)が発生します。(年数回)

【主な内容

  • BCPの本質と全体像
  • 自然災害のBCP策定
  • 感染症のBCP策定
  • etc

よくある質問

Q&A

「避難確保計画」や「防災計画」とは違うのですか?

はい、異なります。BCPは、主に「業務継続」に焦点を当てており、災害等の事象後、業務の継続や中断等について定める計画書です。水防法による避難確保計画や消防法等に基づく防災計画書とは別に策定が必要です。

参加すれば、BCP策定まで完成できますか?

はい、できます。ただし、事前準備は必ず行ってください。当日、必要な書類がないと先に進めることが出来ない場合があります。

参加料金以外に、料金は発生しますか?

BCPは、テンプレートや他社のものまねで策定できるものではありません。必ず、現場の状況確認が必要となります。 また業務継続マネジメント(BCM)といい、BCPの継続的な見直しや訓練も義務とされています。そのため、策定後に弊社担当が事業所へお伺いし、BCMの継続的なサポートをさせて頂くことが必須となります。
出張サポート料金は、上尾市内の事業者様は訪問1回11,000円、会場より20kmまでは16,500円、20kmを超え40kmまでの地域(東京都、千葉県、群馬県は一部地域を除き対応可)は22,000円です。なお、少なくとも年3回以上の訓練が必要です。

BCMの途中で、解約はできますか?

BCPを完成させるため、少なくとも1回目の現場確認は必須ですが、2回目以降の訪問(BCM)について、途中解約は可能です。

一人ケアマネジャーですが、BCP策定は必要ですか?

はい、必要です。ただし関連する事業所等、共同での策定が認められております。問い合わせフォームよりご相談ください。

お申込みフォーム

その他お問い合わせ

特定商取引法表示