「先生」と呼ばれるそのとき、
子供たちの命を守れますか?

学校・幼稚園教諭、保育士をめざす学生のための防災資格

防災共育管理士®3級+防災子供管理アドバイザー
W資格取得オンライン講座

地震、台風、水害や火災。

近年では首都直下地震や南海トラフ巨大地震、気候変動による台風の巨大化、数日も続く異常な大雨など、大規模な災害が懸念されています。

災害のニュースを耳にしたとき、ほとんどの人は「何かしなければ...」とは思うものの、やはりどこかで他人事(ひとごと)と捉えていたり、「まだしばらくは大丈夫だろう」と、実際に準備ができる人は少数です。

その一方で、災害が起これば「まさか自分が被災するとは思わなかった」と後悔する方がほとんどです。

しかし、子供たちの命を守る立場になったとき、本当に「後悔」だけで済むでしょうか?

子供を預かるすべての方に知ってほしい子供防災

東日本大震災では、多くの学校で子供の命が失われました。
当時、教員の先生方も子供たちの命を守ろうと、必死だったと思います。

その一方で、残念ですが先生方の防災のリテラシーが少しでもあれば、という事例もありました。

避難経路をどうするか、子供は家に引き渡すべきか、学校で預かるべきか。

保育士・幼稚園・学校の先生方の判断が、子供たちの命を危険に晒すおそれもあるわけです。

いざという時に子供たちを守る行動をするためは、防災に関する正しい知識と思考力が重要です。

また子供たち自身の生きる力を育てておくことが、未来の希望につながります。

また就職にも有利になるでしょう。

国が教育現場での防災を推し進めている状況において、防災知識を持った人材が不足しているため、防災の資格は重宝されます。

また今年、藤田医科大学が学生の卒業要件に防災士資格を加えることがニュースになりました。命を預かる職業においては防災リテラシーが必須になっていく流れといえるでしょう。

そのため保育園、幼稚園、学校など、子供を預かるお仕事に就く学生には、特に受講をおすすめします。

防災共育管理士3級+防災子供管理アドバイザー W資格取得

  • 開催日:2022年11月12日(土) 13:00~16:00(予定)3時間
  • 受講料:28,000円+テキスト代:2,400円+認定料(資格証明書と資格カード)事務手数料:5,600円

合計:36,000円(39,600円税込)

↓↓ 学生30%割引適用↓↓

受講料合計 25,200円(27,720円税込)+送料500円

受講・お申し込み方法

  • ZOOMによるオンライン受講となります
  • 課題の提出があります。期限内に課題を提出し、条件を満たせば合格となります
  • 下の申込みボタンより10月20日までにお申し込みください。
防災共育管理士3級
子供防災

3時間で2つの資格を認定

3級は災害への備え・その瞬間・被災した場合へと、時系列で「命を守る行動」について学びます。
子供管理アドバイザーでは、弱い立場にある子供の命を守るための防災リテラシーについて学びます。

2教科を3時間で学べる学生向けのW資格取得講座です。

講師プロフィール

高橋隆介

日本防災共育協会 埼玉南支部長

協会認定講師

導く責任、守る責任

私には子供がおりますが、いつでも一緒にいられるわけではありません。
様々な状況の中で「いざ」というときには、子どもたち自身が
「自分の命は自分で守る」
そんな意志を持ち行動をしてもらうしかない、と思います。
それは災害時に限りません。日常の中で「したたかに生きる力」を子供たちには身に付けてほしいものです。
その一方で子供を守る立場の親や教師は、子供を正しく導く責任と、自助の精神を育てる責任があると考えています。

主な活動実績
・埼玉大学「地域創生を考える」講師
・さいたま市教育委員会後援 防災ワークショップ講師

Profile Picture