「いざ」というとき、大事な命を守れますか?

地震・台風・大雨による洪水・火災。

近年では首都直下地震や南海トラフ巨大地震、気候変動による台風の巨大化、数日も続く異常な大雨など、大規模な災害が懸念されています。

災害のニュースを耳にしたとき、ほとんどの人は「何かしなければ...」とは思うものの、やはりどこかで他人事(ひとごと)と捉えていたり、「まだしばらくは大丈夫だろう」と、実際に準備ができる人は少数です。

また、災害が起これば「行政がなんとかしてくれる」と思い違いをしている人も残念ながら多いです。

自分の命は自分で守る

私にはこどもがおりますが、いつでも一緒にいられるわけではありません。
様々な状況の中で「いざ」というとき、子どもたち自身が

「自分の命は自分で守る」

そんな意志を持ち行動をしてもらうしかない、と思っています。
それは災害時に限りません。日常の中で「したたかに生きる力」をこどもたちには身に付けてほしいものです。

防災リテラシーに特化した「ありそうでない」資格講座

私自身、恥ずかしながら元々防災に対してはとても意識が低く、全くと言っていいほど何の準備もしていませんでした。

しかし縁あって「防災共育管理士®3級」を受講する機会に恵まれ、ガラリと意識が変わりました。自分の命は自分で守る、そんな当たり前の事実に気づかせてくれた、私にとって貴重な講座です。

日本防災共育協会の認定講師となり、防災士の方にもご受講いただくこともありますが、
防災を「自分事として捉えることができた」「防災を日常に取り入れることができた」など、好評をいただいております。

自分自身と大切な人の命を守るために、ご受講ください。

受講方法

  • 予め日程を相談の上、1日4時間、または2時間を2回にわけて合計4時間行います。
  • ZOOMを使ったオンラインの講座です。ご自宅からご受講いただけます(PC推奨)。
  • ZOOM受講後の資格試験は、在宅受験方式で、6ヶ月以内に郵送していただきます。

防災共育管理士3級・オンライン講座

  • 受講料:16,000円
  • テキスト代:1,200円
  • 認定料(資格証明書と資格カード)事務手数料:2,800円

3級受講料合計 20,000円(22,000円税込)

お申し込みはこちら

3級は災害への備え・その瞬間・被災した場合へと、時系列で「命を守る行動」について学びます。
災害大国日本で暮らしていくために、従来では教育現場から学び、一般常識としたい内容です。
防災について基礎となるのが「防災共育管理士3級」です。